【ガイド】WWOOFで必要な持ち物とは?経験者が必需品をまとめる

2018年6月から8月末まで、ノルウェーで3ヶ月WWOOF(ウーフ:農業体験プログラム)したジブリおじさんです。

この記事では「私もWWOOFするけど何を持っていけば良いのだろう?」と疑問を持った方に向けて、経験者であるぼくが必要な持ち物をすべてご紹介します!

WWOOFも農業も初めての人は一体なにから買ったら良いのかわかりませんよね。ぼく自身も完全初心者なので気持ちはわかります。

この記事はそんな初心者さんに向けて書きました。少しでも参考になれば幸いです!

スポンサーリンク

WWOOF(ウーフ)に必要な持ち物【優先度順】

wwoof 持ち物 必要

それでは、海外でWWOOFするのに必要な持ち物を優先度順にご紹介していきます。

1. 海外旅行保険つきクレジットカード

衣類や装備の話をする前に、大前提として

  • 海外旅行保険
  • クレジットカード

この2つは必ず準備しておきましょう。

クレジットカードがないと現金が尽きた際に引き出しできませんし、海外旅行保険に入っていないと万が一のことが起こった際に多額の治療代・入院代がかかる可能性があります。

WWOOF中に起こったアクシデントをホストに聞いたんですが、過去にこんなのがあったそうです。

  • 木材の切断中に誤って指を切り落としてしまった(怖すぎ…)
  • 飼育してる馬に蹴られて怪我をしてしまった(これは十分ありえる)
  • 湖で浮かれてたら岩に滑って流血(これはぼく笑)

現場ではいろんなことをさせられるので、アクシデントに巻き込まれる可能性も無くはありません。きちんと海外旅行保険に入っておきましょう。

もしまだ海外旅行保険に入っていない人がいたら、楽天プレミアムカードを作ることをおすすめします。

海外で現金の引き出しができますし、海外旅行保険も付帯しますのでこれ一つあればOKです。

【楽天プレミアムカードの保険内容(海外)】

  • 携行品損害 30万円、傷害(ケガ)治療費用 300万円、疾病(病気)治療費用 300万円、救護者費用 200万円、賠償責任 2000万円、(傷害)死亡後遺障害 3000万円

【その他特典】

  • 世界中の空港ラウンジが使い放題
    飲食無料、Wifi無料。内装も豪華なのでラグジュアリーな気分になれます
  • 一部レストランが大幅割引
    関西空港のぼてぢゅうが3,400円OFFに。(体験レポートはこちら)
  • 楽天市場での買い物時につくポイントが最大5倍
    とにかくポイントが溜まるので、よく両親に食料品を送っています

年会費1万円ほどかかっちゃいますが、初回申し込みで特典ポイントが大量につくので最初の1年は実質無料になる場合がほとんどです。

他にも特典があるので楽天プレミアムカード公式サイトで確認してみてください。

2. 防水ジャケット&パンツ

これも必須中の必須。WWOOFは雨天でもボランティア作業が求められますので防水ジャケット・パンツは必須になります。

ぼくはシンガポールに滞在していたので欧州発の激安スポーツショップ「DECATHLON」でジャケットを3,500円、パンツを1,000円で購入しました。

wwoof 持ち物

日本にいる場合はモンベルなどスポーツ店で調達する方が多いと思いますが、実店舗に行くよりAmazon楽天で買ったほうが安いでしょう。

なお、農作業がはじめての方はイメージ湧きにくいかもしれませんが、マジでビックリするくらい汚れます。なのでお気に入りの防水具を持っていくよりWWOOF用に新しく買ったほうがいいかもしれません。

とはいえ、安すすぎると耐久性に難があるのでお気をつけください。

[chat face=”me.jpg” name=”” align=”left” style=”type1″]ぼくが買った1,000円のパンツはかがんだ際に股間の箇所がベリッと破れて一瞬で使い物にならなくなりました…笑。[/chat]

3. 衣類&防寒具

書くまでもないかもしれませんが、衣類も必須ですね。

「どのくらい持っていくのか」は悩むポイントかもしれませんが、参考にぼくはこんな感じの装備で行き、特に問題ありませんでした。

  • 下着3着
  • Tシャツ3着
  • ジーンズ1着
  • 半ズボン1着
  • パジャマ(上下1枚ずつ)
  • ジャケット1枚
  • ユニクロのダウンジャケット1枚

※防水具のぞく
※夏のノルウェーの場合

ちなみに、ぼくの場合3つのファームで洗濯機が利用できましたが、ホストによって異なりそうです。最悪手洗いは覚悟した方がいいかもしれません。

4. 虫除け

農作業なので虫除けスプレーも必須です。

現地でも購入することができますが、WWOOFできるファームはだいたいどこも田舎にあるので予め持っていったほうが安心できます。

5. 帽子&日焼け止め

日中に外で作業するわけですから、日焼け対策もWWOOFにおいて必須です。

帽子と日焼け止めさえ持ってれば最低限は大丈夫ですが、紫外線を気にする人は長袖のシャツやパンツも持参したほうがいいかもしれません。(実際にそこまでしてる人はいませんでしたが…笑)

ちなみに、帽子は「日よけ帽子」がおすすめ。見た目は微妙かもしれませんが顔の紫外線対策に役立ちます。

WWOOF 準備
大きめの帽子を購入。ずっと被ってました。

なお、日焼け止めはあまり大容量すぎると空港で没収されるので、予約した航空機のホームページで液体の持ち運び可能量を検索しましょう。(預け荷物だとほぼ大丈夫だと思いますが、一応)

6. 作業用手袋

意外と忘れがちなのが作業用手袋。

コーナンなどのホームセンターで安いのを調達するだけでも十分なので、持っていきましょう。農作業においては必須です。

ちなみに、ぼくは軍手を5セットくらい持っていきました。

created by Rinker
ミタニコーポレーション
¥360(2019/10/23 17:26:13時点 Amazon調べ-詳細)

7. 歯ブラシ&歯磨き粉

歯ブラシと歯磨き粉も忘れないようにしたいですね!

物価の安い国にWWOOFしに行くなら現地調達でもいいですが、ノルウェーなど北欧に行くなら持参したほうが圧倒的に安上がりになります。

8. 常備薬

海外で薬を購入すると高くなってしまう場合もあるので、日本から持参した方が良いでしょう。

  • 頭痛薬
  • 胃腸薬(正露丸など)

この2つは鉄板かな、と思います。

バンドエイドも一応持っていったほうがいいかもしれませんが、たいていはWWOOF先のホストさんが常備しているはずなので不要かも。まぁでも財布に2,3個入れておくと安心です。

created by Rinker
バファリン
¥1,188(2019/10/23 17:26:14時点 Amazon調べ-詳細)

9. トレッキングシューズ、テント、寝袋

ノルウェーなど自然が美しい国でWWOOFする場合は「休みの日はキャンプしたい!」と意気込んでいる方も多いのではないでしょうか。

その場合はトレッキングシューズ、テント、寝袋なども持っていったほうが良いでしょう。

とはいえ、全部持っていくと結構な重量になるので渡航先で安いスポーツ店があるならそこで調達するのもアリです。

WWOOFで必要な持ち物【チェックリスト】

最後に、WWOOFに必要な持ち物をまとめます。チェックリストとして活用ください!

  • クレジットカード、海外旅行保険(楽天プレミアムカードがおすすめ)
  • 防水ジャケット、パンツ
  • 衣類
  • 虫除け
  • 帽子
  • 日焼け止め
  • 歯ブラシ、歯磨き粉
  • 常備薬
  • トレッキングシューズ、テント、寝袋

スポンサーリンク

どこで買うのがベスト?

  • 海外にいて固定住所がない人→DECATHLONで買い物
  • 日本在住の人→Amazon、楽天で買い物

上記で間違いないかと思います。

ぼくは前者の『海外にいて固定住所がない人』だったのでオンラインショッピングではなくDECATHLON(デカトロン)という店舗でほとんどの買い物を済ませました。

海外にいる人はDECATHLONでアウトドア用品を買うのがおすすめ

DECATHLONはフランス発の総合スポーツ用品チェーン。「フランス発」というと高そうなイメージがありますが、この店は「安さ」で勝負しています。

具体的には、

  • ハイキングシューズが3,000円〜
  • 3人用テントが2,000円〜
  • 寝袋が1,000円〜

激安です。

残念ながら日本には店舗がありませんが、海外に居る方はGoogle Mapなどの地図アプリを使って「DECATHLON」と検索すると見つかるかもしれません。

ちなみに、アジアでは台湾・香港・シンガポール・インド・フィリピン・インドネシアに店舗があります。日本にも出来て欲しい…!

WWOOF(ウーフ)に必要な持ち物まとめ

以上、ぼくの経験をもとにWWOOFで必要な持ち物をご紹介しました。

「これも合ったほうがいいのでは?」など提案ありましたらコメント欄にてお知らせください!追記します。

最後に重要なことですが、最終的には必要なものはファームに確認しましょう。

例えば、ぼくは作業用のブーツが必要かと思っていましたが、ファームに確認したら全て貸していただけるとのことでした。

そのパターンも結構あるので「これ合ったほうが良いのかな?」と疑問を持ったらファームに確認するのがおすすめです。

実際のWWOOFの様子は動画記事にてアップしていますので是非参考ください!

スポンサーリンク