【ギターバスキング】海外(台湾)での人生初路上演奏の結果と反省

こんにちは、ジブリおじさんです。

本日は

  • 台湾で路上演奏した感想
  • 稼げた金額
  • 反省点
  • あとコツ少し

以上についてご紹介します。だいぶ前に書いた記事ですので、時系列がぐちゃぐちゃですが、気にせずに楽しんで読んでもらえたら嬉しいです^^

台湾の初バスキング(路上演奏)は台北・淡水

本当は、台湾到着の初日に「西門」でやろうと思ったんですが、なんせ人生初なのでチキってしまったわけです。

西門は日本でいう渋谷みたいなとこで、初めてにしてはハードルが高すぎましたね・・・笑。もうちょっと落ち着いてるところの方がいいだろうってことで、台湾の北に位置する「淡水」っていう海沿いの街に向かいました。

台湾 路上演奏 バスキング

観光客と他の路上パフォーマーが多く、平日なのに割と活気があります。

まずはてくてくと歩き、ギターを弾けそうな場所を探します。

バスキングのポイント選びとして重要視した点は、

  • 誰かに迷惑がかからないか(店の目の前で弾く、通行の妨げになる、家が近いなど)
  • 他の路上パフォーマーと十分に距離が取れているか(距離が近すぎたら、通行人からしたら音がグチャグチャで大惨事に。結果、両者とも投げ銭が入らなくなる)
  • 自分が弾く曲にマッチした雰囲気か(僕はしっとり系なので静かな方がよい)

場所探しについては、以下の動画でも解説しています。

上記を基準に、よさげな場所を何点か見つけたのですが・・・。

10分くらい挙動不審にウロウロとする始末w

やはり何事も最初の一歩を踏み出すのに勇気がいるんですよね。

「迷惑じゃないか?」「恥ずかしい・・・見ちゃイヤ!」という思いが頭を支配します。

なので、まずは肩慣らし的にベンチでギターを取り出し、練習を始めました。これが結果的にすごくよかったんです。

ベンチでギターを弾いてると気づいたんですが、誰もぼくに興味がないんですよね。

ベンチから路上に場所を移しても変わらないんじゃないか、と思ったんです。結局、他に路上演奏している人なんて沢山いますし、そもそも他人ですし。

仮に「ひどい演奏だ」と笑われたとしても、3分後には忘れ去られてるでしょう。

これって、路上演奏に限らず、全てに当てはまりますよね。人間は根本的に他人に興味がありません。だから、他人の目を気にすること自体が大きな思い上がりだったと気づいたんです。

「どうせ誰も僕に興味ないし、とりあえずやってみよう。」

よっしゃ、目をつけてた場所で始めます。

人生初路上演奏した結果、稼いだ額は…

結果から言うと、15時から2時間演奏して、981TWD(約3,600円)稼げました。

スケッチブックに「こんにちは!日本から旅行中。ありがとう!」と中国語でアホみたいなこと書いてるのにも関わらずです。

本当にありがたい!!

久しぶりですね、自分だけの力でこれだけのお金を稼げたのは。子供の頃にアメリカでやった、ガレージセール以来かもしれません。

1曲目は緊張してもミスしない自信のあるジブリ映画・猫の恩返しから「風になる」をソロギターで演奏。続いて「となりのトトロ」と魔女の宅急便から「ルージュの伝言」を。

楽譜は安定の南澤大介さんのものを使用しました。

ここまで投げ銭ゼロでしたが、その次に弾いたandymoriの「投げキッスをあげるよ」のソロギター・アレンジで100TWD(約360円)を手渡しでいただいた。記念すべき初めてのチップ。

うおぉお結構あっけなく貰えた!ってのが感想。

しかも、日本人でもほとんど知られていないこの曲で。個人的に思い入れのある曲なのでうれしい。

その後は気分と雰囲気に任せて、持ち曲18曲をすべて弾きました。

みんな、すごくいい笑顔でチップをくれるんです。

小さな子供が親からコインをもらい、置きに来てくれたり(和んだ)。仲良さそうなカップルが前のベンチに腰掛け、しばらく聞いてくれたあとにわざわざチップを置きにきてくれたり。

これが「好きなことで生きる」ってことか、素敵だ・・・!ヒカキンの域に少しは近づけたかもしれません。

今後の改善点をまとめます。

台湾バスキング。今後の改善点

人だかりができたら、求められている曲を演奏する。

10~20人規模の人だかりが何度かできたんですが、あろうことか、ぼくが演奏した曲はファイナルファンタジーXの「ザナルカンドにて」。それはもう、びっくりするくらい一瞬で散りましたねw

理由は「求められている曲を演奏しなかった」から。

人だかりができたら、チャンスを逃さないために、「彼らは何を求めているか」を考えることが大切だと感じました。

たとえば、ぼくの場合だと

  • 台湾人に人気のあるジブリの曲
  • 珍しいラップタップギター(ギターを膝に寝かせて琴みたいに弾く技法)

これらを弾けばよかったな、と。

人だかりができたら、曲の後に自己紹介を軽くする。

これは他の路上演奏者さんのブログで読んだのですが、曲間で自己紹介やMCを入れると、チップが劇的に増えたそうです。

まさか一回目の路上で人だかりができるとは思わなかったので、完璧に頭から抜けていましたね。次はチャレンジします。

1時間ごとに場所を変える。

今回、気づいたら2時間経っていたので場所を移すことを忘れていました。どんなに上手な人でも、同じ場所でずっと演奏していたら、さすがにお店など近隣の人から苦情が来る可能性があります。

周囲と円滑な関係を保持するために、一つの場所での演奏時間はMAX1時間としたいですね。場所替えもあったほうが息抜きにもなりますし。

疲労蓄積を避けるため、脚の組み方を何度か変える。

僕は地べたに座って弾く系ギタリストなんですが(なんだそれ)、2時間演奏した後に立つと、右足のももの付け根あたりが痛んできて・・・スムーズに歩けないほどでした。多分、ずっと同じ体勢で演奏していたからでしょう。

困ったことに、座っているときは痛みがないので、今後は意識的に態勢をちょくちょく変える必要があります。

初バスキング(路上演奏)の感想。なぜか100%喜べない

初めてバスキングして、節制すれば1日生活できるだけのチップをいただけましたが、なぜか本気で喜べない自分がいます。

「こんな演奏でお金をもらって本当にいいのだろうか」という申し訳ない気持ちが多かったからです。

当たり前ですが、「聴いてくれた人もハッピー。ぼくもハッピー」という感じでやっていきたいので、練習を重ねて自分自身も納得できる演奏ができるように頑張ります。

まとめ:課題も多いけどバスキング楽しい!

今回、人生初めて路上演奏を行いましたが、課題が抽出されまくりで、本当にいい経験になりました。やっぱり思うんですが、ちょっと怖い・不安と思えることに自ら足を踏み込むのはワクワクしますね。

あと、今回はじめてバスキングをやってみて、この活動の面白さにも気づけたのも大きな収穫でした。

「旅しながら毎月10万円稼ぐ」という目標を掲げましたが、毎日3300円ほど稼げば到達できます。今回は2時間で3600円稼ぐことができたので、このペースでいけば不可能ではないかもしれません。

ただ、あんまり金額に固執しない方が本来の目的である「旅を楽しむ」ことができるんじゃないかなあ・・・とは思っているんですけどね。まぁその辺は柔軟に対応ってことで!笑

以上、「【ギターバスキング】海外での人生初路上演奏の結果と反省」でした。

引き続き、経験を積み、たまにバスキングのノウハウをまとめていきたいと思います!

▼動画も撮影しました。場所は台北の淡水です。

おまけ:

▲自分へのご褒美。ビール混みで300円くらいと激安でした。

スープの魚の団子がブリブリで、それはもう最高においしかった・・・。日本では食べられない味が台湾では安く楽しめるので今後が楽しみです笑。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

世界一周 ギター 機材

世界一周旅行のギターと機材を誰よりも詳しくご紹介!【完全ガイド】